誰も知らない夜の離婚

不貞の慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度となるケースもありますし、ケースによっては400万円くらいのこともあります。実際は、離婚はしなくても慰謝料を請求することはできますが、額は少なくなります。さらに、不倫相手が配偶者との肉体関係を認めないときには必要なのは証拠です。第三者からみてもはっきりとした浮気の証拠がなくてはいけません。

浮気調査をプロの探偵に依頼して証拠を掴むことができても必ずしも「離婚した方がいい!」とは言い切れないのです。特にお子さんがいらっしゃる場合、配偶者の浮気がどうしようもない事実だと知ったところで離婚とは、そう簡単にすることができないものです。相手に請求することのできる養育費は案外少額になりますし、理由をつけて支払われないことも多いですから、女手一つで育てるのは容易なことではありません。男手一つで育てることも、また同様に簡単に仕事と両立することはできないでしょう。

法律の中で、夫婦関係にある人が配偶者以外の異性と故意に男女の関係にいたることを不貞と定めています。ということは、法律の中では、男女関係に発展していなかったら一緒に時間を過ごしていたとしても、不倫ではないのです。自分で助けを借りずに肉体関係を証明することは難しいですが、探偵や興信所に内偵してもらうこともできます。

探偵は依頼するのにお金がいりますから、自分ですればいいと考える奥さんもいます。
出会い系
テレビのドラマでは何気なく尾行してますけど、実際にやってみるとそう簡単ではなく、相手に違和感を感じさせなく、尾行するのは並大抵のことではないのです。勘付かれれば警戒をされるものなので、浮気をウヤムヤにされてしまう場合だってあります。誤魔化せない証拠を掴みたいなら、プロに浮気調査をお願いするべきです。

例えば、携帯で通話した履歴から浮気の証拠をつかむことが可能です。理由は携帯が浮気相手に連絡する手段としてごく自然に使われるからです。近頃は、メールとかLINEといった手段で連絡をする事も多くなりましたが、好意を持つ相手の声を聞きたくなるのは当然のことでしょう。ですから、空き時間に電話することは否定できないのです。

浮気の事実を調べる為に調査依頼をする場合、あり得ないほど低い報酬額であったり、逆に高い料金設定であったりするところではなく、詳細なプランや金額が設定されており、追加の調査料を払わなくて済むような探偵事務所が良いかと考えます。そして、探偵社として必要な許可を取得しているのか前もって確認しておきましょう。法外な調査をしているところには浮気調査の依頼をやめておきましょう。